北播磨、春ポタリング2

(2,063 days elapsed.)

(その1から続く)

西脇市

峠から軽快に下って西脇にしわきへ。相野あいのから予定より一時間も早く到達してしまったり。

播州織工房館

播州織工房館

幸いお目当ての播州織工房館ばんしゅうおりこうぼうかんは開館していたので中へ。

少し薄手の衣類向けの印象があった播州織に帆布がある事を知って見てみたいと思っていたのが動機。
館内はさまざまな播州織製品も並んでいる。衣類などはショーケース的な意味もあって、お洒落上級者向けな展示もあるが、布の展示はシャツなど自作する人には流石インスピレーションの滝のよう。

播州織工房館 2017

大型織機

播州織工房館 2017

播州織

帆布は在庫が少なかったのが残念だが、店員さんにアドバイスいただいて好みのものを入手。
館内は撮影自由だそうで、カットしてもらう間に織機の写真とか撮影。織機を見ちゃうと裁断の余分が捨てられなる。

播州織工房館 2017

播州織工房館 館内

天窓からの光に透ける薄物が綺麗。そういえばここまでの道中暑くて、薄手のハンチング帽を衝動買いしそうに(笑)
工房館を出発。厚手の帆布は空き気味にしてきたSバッグでも詰めるとパンパンに。

旧来住家住宅 2017

旧来住家住宅

そのまま押し歩きで街並み探訪。
旧来住家住宅きゅうきしけじゅうたくは大正時代のお屋敷だそう。

旧来住家住宅 2017

手前の堀に錦鯉がいて驚いたり。

杉原川 あいさつ橋

周辺は少しレトロな雰囲気のある街並みと整備された歩道になっていて、そのままてくてく散歩。
加古川かこがわにそそぐ杉原川すぎはらがわへ到達。ここから川沿いに南へ。

鍛冶屋線跡 2017

鍛冶屋線跡 2017

西脇市駅にしわきしえきまでは鍛冶屋線跡を使って走る。やはり冬場に走った時は印象が変わるので、また走ってみたい。

加古川 闘龍灘 闘龍橋
 2017

時間の余裕もあるので、交通量がそこそこある県道は通らず生活道路をのんびり抜けてゆくと、闘龍橋とうりゅうばしが見えてくる。

闘龍灘 闘竜すくえあ 2017

闘竜すくえあ

闘龍灘 闘竜すくえあ 2017

闘龍灘とうりゅうなだへ立ち寄り。こんなオブジェあったっけ?

闘龍灘 2017

闘龍灘

側に旅館も立ち並ぶ歴史ある名勝。お昼の陽射しもあって、白波雲の如く立水声夥し、が実感できる眺め。

闘龍灘 割堀水路 2017

闘龍灘 割堀水路

そういえば鮎漁の解禁も間近で、今年もあっという間に過ぎているなあ。

闘龍灘 2017

闘龍灘 2017

流石にシーズン前の平日で人も少なく、スロープを降りてブロも撮影し放題(笑)
バッグがいっぱい過ぎて鮎もなかは買えず…

播磨中央公園 2017

出発して南、つい先日来た…のがもう一年近く前になる播磨はりま中央公園へ立ち寄り。

播磨中央公園 2017

播磨中央公園 修景池 2017

播磨中央公園 修景池

桜の開花具合を観に、園内押し歩きでてくてく。
修景池から広がる北播磨は見事な晴れっぷり。
(続く)

コメントを残す