空気圧の実験

(2,366 days elapsed.)

辺りでは珍しい積雪や氷点下を経て、もう峠は越えたろうと思ったがまだまだ寒い今年の冬。氷雨パラつく気温一ケタな無人の河川敷、菜の花を見ても春の予感すら感じられなかったり。路面が湿る程度の雨ではマッドガード内を洗う跳ね上げ雨水もなく、濡れた落ち葉や小石が流れな…

続きを読む

バルブと雪

(2,361 days elapsed.)

先日バルブが吹き飛んだチューブを分解して見てみる。バルブ周辺を切り取って裏側から。一見何の問題もなさそうだがチューブの端を少し引っ張ってみると、バルブの真鍮との接合部あたりに綻びが。そのあたりを切り取り、手で剥けるだけ剥いてみるとこんな感じに。矢印の流れに…

続きを読む

バルブ・バースト

(2,357 days elapsed.)

いつものように出かける準備をしていると、咄嗟に身をかがめる位の破裂音が背後から。後輪が何の前触れもなく突然バーストした様子。出かける前のタイミングだったのは運が良かったというべきか…よく見るとバルブが裂けており、ここが爆心地だった様子。とりあえずブロをメン…

続きを読む

年末洗車とタイヤローテ1

(2,332 days elapsed.)

恒例の年末洗車。記録によると3ヶ月、1,000kmぶりの洗車だが、とちゅう色々トラブルなどで分解した際にちょこちょこと清掃しているのでムラのある状態。今年の頭に交換したタイヤも走行距離が約3,000kmということで初のローテーションも合わせて行う。前後輪を…

続きを読む

ブロと炎暑

(2,172 days elapsed.)

梅雨も明けて炎暑。最近のマイ・ブロンプトンはちょこまかと生活自転車な毎日。それでも昼間に平均20kmほどを走るともう汗まみれ。路面が焼けてくるとパンクが恐いので夏の空気圧に。上限100psiのブロンプトン・スタンダードタイヤを90psi程度で運用中。気にな…

続きを読む

LTR:保護テープとよもやま2

(2,008 days elapsed.)

(その1から続く)車体右側前方。やはりヒンジ付近のケーブルが這う場所のダメージが大きい。以前はフロントフォークのサイコンのセンサー取り付け周りにもテープを貼っていたが、現在のセンサーはゴム巻きなのでキズの心配がない。ヒンジ前方、フロントブレーキのケーブル箇…

続きを読む

5年経過のブロンプトン4

(1,823 days elapsed.)

(その3から続く)リアキャリア折り畳み時に底となるリアキャリア天面もキズだらけだが、後から装着で4年程の使用期間を思えばまだ綺麗な気もする。この辺り、下手に美装されたサードパーティ製だと気になるのかもしれない。こちらも折り畳み時底となるリアランプ、一箇所盛…

続きを読む

パンクの後始末

(1,543 days elapsed.)

先日の旅行先でのパンクの後始末などをまとめ。原因は小石が貫通してチューブに穴を開けたため。幸か不幸か、ギリギリ貫通しての孔だった為にスローパンクにとどまり、宿までの20kmほどを空気を継ぎ足しながら凌ぐことができた。タイヤ裏側から。隣に水滴が写っていて見分…

続きを読む

メットメンテと前輪パンク

(1,414 days elapsed.)

先日の旅行でまとまった距離を使用したヘルメットの掃除とか。流石にまだ新しいので目立った汚れなどはなく、外装は軽く拭く程度、ストラップは洗剤を含ませて固く絞った布などで拭いて陰干し。内側のパッドは全部はがし、洗濯用洗剤を溶かしたぬるま湯に漬けて手洗い、絞って…

続きを読む

パッチ修行1

(1,361 days elapsed.)

先日ことごとく失敗したパッチ作業に再挑戦してみる。ツールキット付属のパッチを剥がしたIRCチューブの孔を塞いでみる。ゴムのりを使うTIPTOPのパンク修理キット。可愛いパッケージ。大雑把な緩衝材の詰め方と、ゴムのりの凝った固定方法の対比が外国製品ぽくて面白…

続きを読む