能勢電、新緑ポタリング2

(2,446 days elapsed.)

(その1から続く)未舗装路の注意を通り過ぎて進むと林道っぽい緩い上り道。猪ノ子峠というらしい。デコボコではあるが大した勾配でもないので静かな道でいいなと思っていたら、問題は下り側。小径殺しの深い砂利が敷かれた急坂になっており、ハンドルも制動もまったく効かな…

続きを読む

兵庫陶芸美術館へ

(2,007 days elapsed.)

年明け頃に大騒ぎだった寒波が再来しそうな雰囲気という事で、雪が再び積もらないうちに山向こうの美術館の特別展を観に。今日は一日曇り、明日から週末にかけて雪と寒気に注意。の天気予報は行きの輪行の途中で早々に外れ。福知山線相野駅に降りると大粒の雪がパラパラ。防寒…

続きを読む

ベイシャトル、関空から神戸へ

(1,957 days elapsed.)

(「ミドルギア、紀州街道4」から続く)りんくう公園からスロープを渡ってりんくうタウン駅へ。ここからブロを畳んで改札まで。関西空港、送迎の際はクルマだし、自分が利用する時は専らリムジンバスを利用する。ので、そういえば電車で連絡橋を渡るのはこれが初めて。平日な…

続きを読む

晩秋の丹波へ5

(1,931 days elapsed.)

(その4から続く)R429に乗って榎峠を越える。道中右手に緩やかな斜面、パラグライダー用のフィールドらしい。辺りの電線が赤白に塗られているのはこれ用の安全対策なのかな?綺麗に舗装された道からの荒れた枝道、に立つR429の道標。これが件の酷道なのね。杞憂だと…

続きを読む

ブロンプトンを運ぶ

(1,828 days elapsed.)

ブロを5年使ってみて、世間の評価が単に自転車としての性能だけではなく、畳んだ時に活用できる総合的な性能を含んだものだということを使い続けて気づく。そんなブロンプトンのキモの半分である、折り畳み時の移動についてあらためて考える。Brompton社推奨(?)の…

続きを読む

智頭街道パッチワーク5

(1,808 days elapsed.)

(その4から続く)平福宿へ到達。車で鳥取方面などへ向かう際、中国道と鳥取自動車道が接続する以前はよく休憩に利用した道の駅があり馴染み深い場所。それでも前に訪れたのは何時だったか、時間が過ぎるのは早いなあ。智頭急行のステキ駅シリーズ(?)も最後の平福駅。後の…

続きを読む

智頭街道パッチワーク1

(1,808 days elapsed.)

一昨年の鳥取輪行からの帰路で日本海側から智頭まで、昨年のひまわり鑑賞で佐用から瀬戸内側、網干まで自走した事を思い出し、残る智頭から佐用を自走すればブロンプトンで一応の本州縦断になるなあと。で、佐用のひまわり鑑賞からほぼ一年ぶりの日に走ってみることに。三ノ宮…

続きを読む

バスケットと観覧車

(1,787 days elapsed.)

移転されたM&Mさんを訊ねて千里丘へ。購入したバスケットバッグでの輪行具合を確かめつつ吹田駅まで阪急。バスケットバッグ、ブロを駐輪しつつ買い物に持ち歩くには大変素晴らしい。が、曳き手がないので転がし運用には辛い感じ。吹田で下車してぼちぼちと北へ。岸辺駅の西…

続きを読む

鍛冶屋線跡ポタリング4

(1,640 days elapsed.)

(その3から続く)加古川沿いに広がる田園を眺めながら県道を進む。お昼を回ると天気も風向きも変わり、再び冷えてくる。2016年に入ってから暖冬気分は吹き飛んでしまったなあ。県道、交通量も多めになってくるので広めの自転車歩行者道を使うが、このテの道は気まぐれに…

続きを読む

しまなみ海道を渡る6

(1,535 days elapsed.)

(その5から続く)峠を越えれば後は下るだけ。もう傾きだした日を受けながら渡船乗り場へ。桟橋まで特にゲートなどもなく、地元の人は信号待ちでもするかのように、観光の人はしまなみ疾走の感想を交わしつつ船を待っていた。懐かしの日立マークが入ったクレーンを眺めている…

続きを読む