山陽道、行けるとこまで2

(2,747 days elapsed.)

(その1から続き)備前大橋を渡ると山陽道はしばらくR2と一体となって走る自動車専用道的な雰囲気となるので、これを避けて静かな道を並行して走る。大きめの工場が並ぶ工業団地的なエリアを走っていると、刀剣の里の案内にふらり。備前長船刀剣博物館。写真を撮っている間…

続きを読む

山陽道、行けるとこまで1

(2,747 days elapsed.)

(前日より続き)後楽園の傍で一泊。岡山では有名なホテルチェーンなのだが、格安プランだったせいか水回りがイマイチの部屋に当たってしまったのはやや残念な朝。早速東に向けて出発。山陽道をたどってどの辺りまでブロ自走で帰れるのかという試み。平均1.5車線くらいの、…

続きを読む

芦屋睦の宮詣で 2

(2,702 days elapsed.)

(その1より続く)幹線をまたぎつつ山側から海側へ。暮れの長めの出張をブロで走っていて、北は山、南は海、幹線は東西という阪神間の公式が懐かしいと感じた事を思い出したり。新年3日目のお昼の国道は車少なめ。その阪神間にところどころ見られる、妙に真新しい区画。先の…

続きを読む

芦屋睦の宮詣で 1

(2,702 days elapsed.)

新年あけましておめでとうございます。今年の初詣ライドはオーバーホールが控えていることもあって遠出をせず。来客で消費した珈琲豆の補充も兼ねて、芦屋の六社巡りを走ってみる。年末年始はコロコロ変わる天気で、にわか雨や雪や霰に降られたりしたが今日はまだ穏やか。六甲…

続きを読む

東播磨ぐるり3

(2,642 days elapsed.)

(その2から続く)一応の目的を果たして福崎、播但線に乗って姫路から帰路へ…というのも少し物足りないのでそのまま東へ。中国自動車道と並走する兵庫県道23号線は一部自転車で走るには厳しい路肩と交通量。これを避けて通った北条町駅前の巨大なイオン脇を抜けているあた…

続きを読む

東播磨ぐるり2

(2,642 days elapsed.)

(その1から続く)峠を越えて後は下り。かさがた温泉に到着。温泉に向かう最後の登り勾配がきつく押し歩き。駐輪は温泉入口脇の看板に結わえることが出来た。屋内と2つの露天風呂のコンパクトな温泉ながら、まだ人も少ない時間で足を伸ばして青空を眺めつつゆったり。温泉の…

続きを読む

東播磨ぐるり1

(2,642 days elapsed.)

どうやら忙しいまま2018年は終わりそうな雰囲気で、行ける時に出かけないとと久々の福知山線へ。特にしっかりした予定も立てず、以前テレビでちょっと見かけた温泉を目指して谷川駅を下車。道中、入場時にタッチしたICカードを切符に切り替えるため篠山口駅の改札に寄る…

続きを読む

雨の境を追う2

(2,473 days elapsed.)

(その1から続く)ハイキングコースを辿って石峯寺を目指す。お腹のアイスと肌寒い風で汗をかかないのは良かった。まる7年の近いマイブロンプトン、坂を登ってみるとくたびれた箇所が顕著に分かる感じになってきた。折り畳みで毎回伸縮させるシートピラーを固定するシムがも…

続きを読む

雨の境を追う1

(2,473 days elapsed.)

ようやく走りに行けそうな週末。心配していた雨も早朝には止んだので、とりあえず何も考えずにカメラと輪行袋と財布をバッグに入れて出発。向かい風の洗礼をしこたま受けてJR宝塚駅。ちょうどやってきた電車は先日と同じ新三田駅止まりだったりして、20分後の次の電車を待…

続きを読む

能勢電、新緑ポタリング2

(2,446 days elapsed.)

(その1から続く)未舗装路の注意を通り過ぎて進むと林道っぽい緩い上り道。猪ノ子峠というらしい。デコボコではあるが大した勾配でもないので静かな道でいいなと思っていたら、問題は下り側。小径殺しの深い砂利が敷かれた急坂になっており、ハンドルも制動もまったく効かな…

続きを読む