Borough防水スモールバッグ購入2

3,294 days elapsed.

(その1から続く)

Borough Small Bag ポケット

ミニOでは内部にあったポケットが外側に付いている。iPhoneXサイズが縦ですっぽり入る位の容量。ファスナーは防水。

Borough Small Bag

控えめなブランドロゴ。今回はバッグに反射素材は一切なくなった。

Borough Small Bag タブ

背面やライニングの手触りはゴム感が強く、見た目より分厚い印象。雨に降られてもサッと拭けば問題なしな安心感がある。

Borough Small Bag ロールトップ フック

ロールトップを解いた時の口とフック。袋口の内周は約74cm。

Borough Small Bag インナー

バッグ内部。空気抜きバルブが見える。ポケット部の布も溶着しているのですっきりしている。

Borough Small Bag インナー

底部分にはクッション的なものは無しなので、カメラを入れる場合は緩衝材が欲しい。

Borough Small Bag 容量

Borough Waterproof Small Bag

Borough Waterproof Small Bag

ふだんミニOで出かけるときに収納している財布やスマホ、輪行袋等のモノ一式を入れてみた。まだ余裕ある。

Borough Waterproof Small Bag ショルダー

無理やりロールトップを解いてショルダーやトート的に…。

Borough Waterproof Small Bag

当然Mハンドルでも干渉する位の高さになるので無茶は禁物。
乗車ポジションからバッグ内へのアクセスはミニOに軍配かな?

Borough Waterproof Small Bag

しばらくしたらカラーバリエーションが登場しそう。

Borough Waterproof Small Bag ウェビング

フロントに装着して気になるのがウェビング。ハンドルを振るとあちこち干渉しそうなベルトがちょっと厄介。脱着は簡単なので、乗る時はベルトを外すのが正解かもしれない。

Borough Waterproof Small Bag

購入から2週間、やっと装着して走行する機会が出来たのでチェック。
早速輪行で曳いてみた。ミニOよりグリップが付属しない分細いウェビングのハンドルなので頼りないが、思ったよりしっかりした感触。

Borough 防水スモールバッグ 金具

走行については垂らしたウェビングよりも、バッグ中央についた金属製のフックが振動でステムとカンカン当たって大問題。たぶんものの数回も装着して走ればステム側の塗装に何らかの影響があるレベル。自分は保護テープで対応しようかと思うが、キズに敏感なオーナーさんにはお勧めできないバッグかもしれない。

Borough 防水スモールバッグ

運良く(笑)雨にも降られて防水性能も検証。写真では染みたように写っているが、ゲリラ豪雨程度ではビクともしない安心感は流石。
ロールトップなので巻いたあたりに入り込む水滴は結構あるものの、内部が濡れる心配はなさそう。

装着でも単品でも軽快感があるサイズなので、ミニOよりも使えるシーンは多そう。中身へのアクセスも、走行時以外はロールせずに二つ折り程度で使用すれば特に煩わしい事はなかった。ステムと干渉するフックだけが結構深刻なのがちょっと、なんでこういうデザインにしちゃったのかなあと。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です