病的チェーン掃除

(2,291 days elapsed.)

生活の移動を自転車に一本化してそろそろ半年。遠出が控え気味なのもあって減ったかなと感じていた走行距離は逆に月2割程度伸びていたり。
気づけばチェーンからは結構な軋み音が鳴っていたりして、週末午前の雨のうちにチェーン洗浄とオイル差しなどを。

Brompton トラブル兆候

ブロをメンテ台に設置してみるとこの写真。いずれトラブルとなる兆候が分かるでしょうか?(正解は記事最後に)

RS-5000 Brompton チェーン外し

メンテ台に吊り下げてリア三角のロックを解除して垂らすと

RS-5000 Brompton チェーン外し

テンショナーがさくっと外せてチェーン切りがとても楽。

チェーン掃除

衝動買いした100均の小型試験管ブラシを使ってプレート内側を洗ってみる。

ブロンプトン チェーン掃除

チェーンオイルと雨天走行でコテコテの内側をブラシで一つずつゴシゴシ。自己満足の世界(笑)

ブロンプトン チェーン掃除

こんな感じ。

ブロンプトン チェーン掃除

外側も歯ブラシで。磨き終わった左側と見較べてみると一応違いがわかる。

Brompton チェーン掃除

洗い油をフォームクリーナーで流す。フォームクリーナー、この数ヶ月で屋内メンテで重宝される理由を実感の使い勝手。

Brompton チェーン掃除

チェーンを装着しなおしてオイル。

Brompton 右ペダルメンテ

右ペダルが少しガタついていたので分解。

Brompton 右ペダルメンテ

樹脂フタをこじる道具を毎回模索している気がする。今回は菱目キリ。

Brompton 右ペダルメンテ

以前のメンテから1年。グリスはまだ綺麗。

Brompton右ペダル 9mmソケットレンチ

9mmのソケットでロックナットを締め込み。ガタガタせずにペダルがスムースに回る程度締めた。作業スペースの都合上、うまくカシメる事ができないようなので、これで様子見。

川西能勢口 駐輪場

雨の止んだ午後に早速ポタリングで阪急はんきゅう川西能勢口かわぐちのせぐち駅まで。駅周辺は其処此処に駐輪場が整備されてあるので駐めやすい。

Benoist スコーン

川西阪急の英国フェアでスコーンをお土産に。

六甲連山 霧

霧がかかっていた六甲方面に陽が射して、神秘的な風景の帰り道。まぶしい
チェーン掃除と注油、当然走り出しから音もなく漕ぎも軽いのだが、10kmくらい走るとスッと馴染んだ感じに回り出すのがちょっと面白い。

ハーフウェットチェーンオイル

30km位走って帰宅すると早速この位は汚れてて、ハミ出たオイルをさっとひと拭き。

チェーン汚れ

油を乾燥させた後のチェーン汚れ。拭うとシールを剥がした後の糊のようなネバっこさで、これだけの抵抗が流れれば走りが快適になるのも納得。

シフトワイヤー、バレルとロックナットの緩み

最初のトラブル兆候の答え。シフトワイヤーのバレルとロックナットのカシメが緩んでいた。素人メンテのせいか、最近あちこち緩みが出ているような気がするのでマメにチェックしておきたい所。

コメントを残す