LTR:ストラーダスリム

(1,788 days elapsed.)

ロングタームリポート。
CC-RD300W紛失で代替として購入したサイクルコンピューター、CC-RD310Wも装着から2年が経過。

STRADA SLIM

紛失したコンピューター部分だけを代替して使っていたので、スリムな新センサーに交換したのはまだ半年程度。センサーとコンピューターはペアリングなどをしている訳ではないので、こういう時は便利。
全天候で使用しているが、機能面での不具合は皆無。

ストラーダ スリム

今のところ走行で外れてしまうようなトラブルはないが、フォークに固定するラバーバンドがヨレてセンサーが多少動く事があった。おそらく旧版センサーの位置に合わせたマグネットを基準に装着しているせい。ブロだともう少し上気味に装着するのが理想なのかもしれない。

CC-RD310W

旧センサーと違い、マグネットとの距離が標準では調整できないので電池への影響は早そう。

ストラーダ スリム

コンピューター側は結局旧ブラケットを使い続けている。電池交換以外で取り外すこともないので不具合はなく。電池は一度交換後342日経過でまだ元気。リチウムコイン電池CR1616はCR2032と違いコンビニに置いてない事が多く、出先で切れる事を考えると悩ましい。
雨天や、輪行時の折り畳み輸送でも特に外れそうになるトラブルはなし。紛失した旧ストラーダがなぜ取れてしまったのかが不思議な位。

CC-RD310W

自動スリープからの復帰に乗り始めに一度クリックしないと計測再開してくれない仕様だけが、2年使って手が覚えたものの気に入らない。
昨年の盛夏の期間、日光にさらされると熱のせいかリセットがかかってしまう症状に悩まされたが、夏を過ぎてからは全く症状は起きていない。今年も暑くなってきたのでまた再発するようであれば別の製品への交換も考えていたりするが、サイコン、パッとしない国産ネットサービスとセットの高機能商品か見た目も性能もチープすぎる商品の2極化が進んでいる感じで、ライト同様ブロ公式のデザインでも出ないかなあ(笑)

コメントを残す