LTR: Magnic Light

(1,367 days elapsed.)

ロングタームリポート。Magnic Light購入から2年経過した。

Magnic Light

本体はふだん付属のケースに収納してサドルバッグに。アタッチメントの金具はブレーキのアームに取り付け、使用時に取り付けるスタイルで運用中
付属の取り付け金具の穴を、ブロのブレーキシュー取り付けネジの径に合わせる加工が必要だったが、以降トラブルもなくしっかり留まって使用できている。

Magnic Light

Magnic Light

やはり昼に走る事が大半なので、ほとんど樹脂ケースの中でサドルバッグに揺られている本体は、写真のように振動による擦り傷で白っぽくなった。

Magnic Light

リムとの渦電流を起こす箇所、振動などでまれにリムと接触する事がある為に削れていたりする。

Magnic Light

ブレーキ側金具とのアタッチメント。自由に回転するライト側と違い、こちらは一度位置決めしたらネジを締めて固定させる。2年間で調整したのはおそらく1回程度、緩みもなく、装着時のクリック感も問題ない。

Magnic Light

Magnic Light

購入時に他部品などへの影響が気になった磁力の強さ。この位強い。

Magnic Light

Magnic Light

ケースに入れてしまえば影響がないといえるレベル。装着時もサイコンのセンサーと干渉するような事も起きていない。

Magnic Light on Brompton from SoAkizato on Vimeo.

セッティングが決まると光量などもかなり出る。2年で性能に劣化なども特に見られない。
サイトを見ると最近のモデルは更に改良が進んでいるようなので、街乗りユーザーが主なブロンプトンとは相性が良さそうな気がする。ブロにポン付け(?)できるアタッチメントが出ればなあ。

コメントを残す