LEDライト交換

(1,375 days elapsed.)

先日ついに屈服したステンレス・ステーにより、単三電池3本込で150gのスモールライトをフロントにマウントするのはひとまず終了。より小型で軽いLEDライトに交換した。

Rindow Bikes Bullet Lighting

RINDOW BIKES製Bullet Lighting。USB充電によるバッテリーLEDライト。

Rindow Bikes Bullet Lighting

実用性、という点ではたぶん専用ステーも選べるCATEYE VOLT300なのだと思うのだけど、以前の砲弾型を愛用していた経緯からこのカタチに。

Rindow Bikes Bullet Lighting

実走、比較テストなどもしたいのだけど、日も長くなって未だ機会がなかったり。
今まで乾電池ライトばかりだったので、明るさよりも待機時間の方が気がかりだったりして。

Bullet Lighting

レンズ部をクリックする事でハイ、ロー、フラッシュが切り替わる。
前方のみ照らす、高輝度LEDx3を集光させる以前のブロ標準装備だったライトとも、光束が伸びる超高輝度LEDを反射鏡で照らすスモールライトとも違い、超高輝度LEDをレンズ拡散させ、辺りを万遍なく照らす感じ。

Bullet Lighting 充電中

充電中はレンズ奥が赤く光る。コネクタはUSBマイクロB。
防水規格は防沫形、IPX4なので洗車などでうっかり水流を当てない限り、雨程度は大丈夫そう。
幸いMagnic Lightも常備しているが、バッテリーものは使いたい時に切れている法則があるので気をつけたいところ。

コメントを残す