サドルバッグ新調

(185 days elapsed.)

以前から不満だったサドルバッグを相変わらず色々探していて、普段使いの用途にGilles Berthoudの小型のものが気になっていた。
サイトによると容量1.5Lの横長のシルエットなので、いちど実物を見たいと検索していると、豊里のイトーサイクルさんにモノがあるようで、早速なにわ自転車道を使って行ってみる。

午前中に到着。店先にはもう色とりどりの自転車が並んでいて、人気のあるショップなんだなあと。店内はおもちゃ箱みたいで目の毒(笑)
早速バッグを見せてもらったところ、実物は印象よりも一回り大きい感じで即決定。見るまでグレーを買うつもりだったが、サドルに合わせて黒にした。

ジルベルソー・サドルバッグ

Brooks B68サドルと幅はぴったり。ハンドルにも装着できるようベルトは長め。美錠のピンが竹槍みたいに尖っているのがいかにも海外のプロダクトらしい。サドルの金具と美錠が干渉するので、これは使っているとどちらも傷だらけになりそう。

ジルベルソー・サドルバッグ

ジルベルソー・サドルバッグ

フラップの下はファスナー。とりあえず予備チューブや工具、鍵などを放り込んでみたが、裏面の革の面積が広いので型くずれもなし。これでSバッグのポケットが空いて大分軽くなった。これからはこちらに輪行用のイージーカバーを入れる事にする。
イトーサイクルの店長さんが言われていた「風情がある」見た目に大変満足。

ジルベルソー・サドルバッグ

ショップを後にして一日大阪界隈をのんびりポタリング。帰宅してブロンプトンを畳み、ハンドルバーステムのロックを緩めてパタンとやると、「ガシャーン」と音がしてロックされない。何事と思って見てみると

ジルベルソー・サドルバッグ

固定ネジが緩んでキャッチャーの向きがおかしくなっていた。とりあえず向きを合わせて固定しなおし問題なし。
購入して半年、ほぼ毎日折りたたみを繰り返してる訳で、そろそろ色々緩み出すのかもしれない。

コメントを残す