時短チェーン掃除

3,789 days elapsed.

最近は雨にも降られず、このまま年末年始休みまで洗車なしで快適に走れそうと思っていたらクリスマス・イブの雨。
クリスマスはケーキをいただきながら、新ガジェット、Muc-OFFチェーンドックを試す。

Muc-OFF Chain Doc

以前から動画で観かけて使ってみたいと思っていたのだけれど、日本の通販は在庫が全滅しており、海外からはエアゾール規制で買えなかった一品。やっとこさ見つけて購入後使うタイミングを待っていた。
ブロを購入間もない頃にParktoolのサイクロンを使ってみて、効果は結構気に入っていたのだけれど樹脂パーツが溶剤などに負けてバラバラになってしまった。今は金属ボディの凄いのも出ているのだけど、流石に値段も凄いのですっかり手洗いに。どのみち結構洗剤が飛び散るので屋内洗車では使いづらい印象だった。
こちらは仕組みは似ているものの、屋内使用も謳っておりコンパクトなので気になっていた。

ChainDoc アタッチメント不具合

早速組み立て…クリーナーのスプレー缶に取り付けるアタッチメントのネジ止めが片方最初から不良形成で向こうの製品という感じ(笑)

洗浄前チェーン

洗車前チェーン。最近のオイルはハーフウェットでエアゾールの手軽さから、もっぱらWako’sのチェーンルブ。雨でも結構潤滑は保つものの、降られると一気に汚れが目立ってしまう。

Muc-Off チェーンドック

セット。チェーンドックのトリガーを引くことでチェーンを挟んで、チューブで器具内にクリーナーのスプレーを吹きかける仕組み。
Parktoolのものと違って脱着が楽なのと、スプレーで洗剤の量を加減できるので飛び散りにくい仕組み。
左手で缶と器具挟みのトリガーを固定しつつ、親指でスプレーを噴射しつつ右手でクランクを回すのは意外とコツが。ちょっと力を入れて器具がよじれるとディレイラーの代わりになるのか、チェーンリングからチェーンが外れそうになったり。
相当熟練は必要だけれど、器具が小さいのでブロをおすわりさせて使う事もギリギリできる…のかな?

洗浄中チェーン

洗ったチェーン。内側から掻き出した汚れが洗剤に乗っている感じが見えるが、ギリギリ垂れてはいない。サイクロンと違い外側用のブラシがない為、インナープレート外側の汚れがあまり落ちていない感じ。
あと、使っているガスが某ゴキブリ退治のものと同じ成分なのか、匂いがちょっと気になったり。

ChainDoc 洗車後

洗車後はこんな感じに。器具は挟む機構のせいで分解できない構造になってしまっていて、内側は丸ごと水に漬けて洗わないといけない。
見事にサイクロンとメリットデメリットが別れていて悩ましい。
(2022/2/13 追記:軸部分をスライドさせることで分解できました)

ChainDocから取り出した洗剤。一回分でこの位、スラッジもたっぷり出ていて洗浄力は問題ない様子。

洗浄後チェーン

洗剤を拭き上げてこんな感じ。本格的に洗うのならここからフォームクリーナーで吹くといいのかも。
やっぱりインナーリンクのサイドプレートの仕上がりがちょっと気になる。

廃液は使用量が少ないのでペーパータオル一片に吸わせてしまえるのと、生分解性とのことでこのままゴミとしてポイできてしまうのは手軽。
あとは本当に手が汚れないので、洗車している暇はないけれどチェーンだけ何とかしたいという時にはとても重宝しそう。

洗浄後チェーン

今年もあと一息。ブロンプトン、洗車の余裕ができるまでもうちょっと頑張ってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。