生野銀山と銀山湖3

(2,178 days elapsed.)

(その2から続く)

市川

雨予報で変更するルートをどうしようかと考えながら、生野銀山いくのぎんざんから麓へ戻る道を走っているとみるみる青空が。
あまりに悔しいので、時間1本の電車と、雨雲が届くまでの予想時間を睨んで少しだけ銀山湖ぎんざんこへ立ち寄ってみることに。

生野ダム

本来辿るはずのルートで湖への坂を登る。ブロでも程よい勾配で、このまま走れたら楽しかっただろうなあと生野ダムまで。

生野ダム 2017

生野ダム

ダムの放水口の横は工事中。対比する人がいるとダイナミックだなあ。

生野ダム 2017

そういえば兵庫県は坂井時忠氏の頃から4期連続就任の知事が続いている。

生野ダム 2017

生野ダム湖、通称銀山湖は独特の色合いで浮草もなく綺麗。
中ほどに浮かぶ島が見えるところまで走ってみる。

山神神社 2017

国道になっている湖の北側ではなく南側を走ってみる。あまり使われていないようで路面は落ち葉や枝などゴミゴミしているが静か。
途中に山神神社があったので覗いてみようとしたら、鳥居のあたりは蜘蛛の巣だらけで退散。

銀山湖 淤加美神社 2017

湖の中心に浮かぶ淤加美神社おかみじんじゃ。水少ないのかな?

銀山湖 2017

風も爽やかで気持ち良いので、まだ行ける、まだ間に合うともう少し先まで。

R429 黒川渓谷方面

湖の東端まで。さすがにここまでで残念。

銀山湖 2017

またリベンジを誓って復路。湖沿いに北側を走って戻る。

銀山湖 2017

いいところ。

淤加美神社

生野銀山湖 2017

途中にボート乗り場。釣りスポットとして有名らしいので、ここから降りてボートから釣るのかな?
ここまで水分を持たずに来ていたので自販機があるのは有難かった。

市川新町河川公園 2017

市川新町河川公園 2017

湖を一周して下りは楽ちん。外国人技術者の宿舎だった河川公園で休憩。

生野町口銀谷 2017

口銀谷くちがなやの町なみを抜けて生野駅へ。独特の舗装がされており旅情がある。

JR播但線 蒸気機関車モニュメント 2017

日本遺産認定で湧く銀の馬車道にとって代わった播但線ばんたんせんの前身、播但鉄道のモニュメントがひっそりと。

JR播但線 生野駅 2017

生野駅へ到着。そろそろ空が鉛色に。

雨雲レーダー

さっきまで居た銀山湖のあたりにはそろそろ雨雲が。

JR播但線 生野駅 2017

ここから北方面へ、車窓から雨を眺める輪行もそれはそれで楽しそうだったのだけど、この時間から和田山わだやまを経由して福知山線ふくちやませんで帰ると接続が悪くかなり遅くなってしまうので姫路ひめじへ戻る方向に。残念。また来るぞ。
(続く)

コメントを残す