屋内メンテとよもやま3

(1,830 days elapsed.)

(その2から続く)

Brompton シートチューブ

シートバン交換のため、久しぶりにシートピラーを抜き取る。

Brompton シートチューブ シム

シートチューブ内、上側は綺麗なように見える。

Brompton seat bang

新旧シートバン。

ブロンプトン シートバン

抜いてみるとなかなかに壮観。ピラー内に錆が回っているのは以前に内視鏡もどきで内を覗いた際に把握していたものの、実際の色は予想以上に鮮やかな錆色。

Brompton シートピラー

ピラー側。ラバーとの境目に水気が溜まって錆になったという感じ。雨でもブロには乗るものの、流石にお尻の下なのでそれほど大量の雨が入り込む事はなく、下を塞いだピラー内の結露が経年でこうなったんだろうなあと予想。シートバンを削って換気と排水ができるように加工するとか、たまに外してメンテしてやるべき箇所。

Brompton シートピラー

今回は錆をできるだけ除去して防錆剤を噴いておいた。
あとはピカールで軽くピラー表面を磨いたり。

ブロンプトン ペンタクリップ

Brompton Penta-clip

シートピラー抜き取りで外したサドルのペンタクリップもついでに分解、清掃、グリス。分解前に写真の矢印あたりをマジックでなぞってポジションを残しておく。
サドルのフレームを掴む箇所もうっすら経年によるキズが入っていたので、今回左右をローテーションしてみた。

新品アクセサリ

メンテ終了のブロを転がそうとしたら動かない。流石新品ラバーは食いつきが違う(笑)
ピラーを上げて転がしたら音もなく滑るように転がったりして、そういえばこんなだったと驚いたりして。

折り畳み時のサイコンのクリアランス

畳んでみると新ブラケットのサイコン、勢い良くハンドルを畳むとフロントフォークと干渉しそう。それほど取り付け位置は変わらない筈なのに液晶面も少し起きてしまい、ちょっと全体的にしっくりこない。
幸い旧ブラケットもまだ販売中のようなので、どうしても使いづらい場合は戻すことにしよう。

Brompton 整備後

そんな訳でブロ5年区切りの屋内メンテ終了。タイヤ周りはスポークを拭いた位なのでパッとしないが、そちらは屋外で洗車できる季節になったらまたホイールを外してしっかりやるということで。

コメントを残す