Sバッグ・ショルダーパッドの洗濯

(1,656 days elapsed.)

Sバッグのショルダーパッド、あらためて見てみると経年で結構汚れていたり。そういえばこのブロンプトンの刺繍、何気に豪華なのだが刷新されるSバッグでは無くなってしまっていたり。
で、ちょっと大事に扱おうという事で洗ってみる。

Sバッグ ショルダーパッド

洗う前のパッド。写真では分かりづらいがホコリなどが隙間に溜まり、刺繍のフレームあたりがやや色あせてたりする。

Sバッグ ショルダーパッド

バッグのベルトから取り外し、液体のお洒落着系洗剤で洗ってみた。これまた分かりにくいが、刺繍が鮮やかさを取り戻して結構綺麗に。パッドなので中のウレタン材などの乾燥を念入りにしないとだが、意外とやってみて良かった感はあったり。

ショルダーパッドにベルトを通す

パッドをベルトに戻す手順を備忘で記録。ベルトの抜け止めを刺繍側にしてパッドに通す。

ショルダーパッドにベルトを通す

ショルダーパッドにベルトを通す

入りづらいので竹尺などを一緒に挿しこんで通す。

コキにベルトを通す1

コキのバッグ側の穴にベルトを通す。

コキにベルトを通す2

返しが手前にくるように。

ベルト通し

あとはこんな感じで通す。(赤はコキ縫い付けのベルト)
最後に最初に通した穴に逆側から挿しこみ、抜け止めまでコキを通したら完成。
ベルト、両端縫い止めだと思い込んでいたので洗えるのは有り難かったり。一見お洒落装備に見えても、作り手が色々使い倒して考えてるなあって感じがするのがブロンプトンの骨太な処かしらん。

コメントを残す