明石~高砂、秋の海3

(1,508 days elapsed.)

(その2から続く)

泊川

堤防の道はアドプト・ロードにつながり、加古川と平行して流れる泊川とまりがわ沿いに出る。ここから橋で細い堤に渡ると、

加古川河口

それなりに風もあり、転がると水面まで遮るものがないので結構怖いけれど、なかなか撮影欲に駆られる河口付近。

加古川河口

対岸に高砂海浜公園が見える。釣り人も多くて、常連さんらしい人同士が今日の釣果をボヤいていたり。

高砂大橋

堤を北へ上って相生橋。高砂神社に至る筋を間違えて、高砂大橋を渡る羽目に。ひぃ

高砂神社

高砂神社。「高砂や~」の能舞台が最近リニューアルされたそうで立ち寄り。子供の頃は親の会話でフレーズを聞くことがあったりしたものの、実際に結婚式で謡われるのを聞いた事はついぞなかったり。

高砂神社

鳥居の下にあった丸い石が気になったり。なんだろ。

加古川右岸自転車道

再び加古川へ戻って加古川右岸自転車道に乗って北へ。
以前と違って夏草が伸び放題だったので、普通の歩道との区切りが分かりやすい感じに。この草を嫌ってか、歩行者はこちらを通らなくなっていて棲み分けが出来ておりストレスがなかった。ただ、今度は見かけたロードバイク勢も皆あちらを通っていたりして、混在問題は深そう。

加古川右岸

川から逸れるのに、地図でチェックしておいたアプローチを辿るとこんな状態。土手の反対側の道も消えているようで参った。

コーヒーの店 慈雨

気になっていたコーヒー店、慈雨さんで休憩。インパクトのある外観なので恐る恐るドアを開けてみたが、中はとても心地よい空間で、簾の揺れる窓からの風と景色がなんとも落ち着く。ちょっとお腹も空いていたから頼んだモーニングセット、ころころと色々入ったサラダと絶品のジャムが乗ったトーストで美味しかった。
コーヒーはご近所にはないさっぱりとした味付けで、ゆっくり飲んでも最後まで大変美味しい。近くにも欲しいお店だなあ(笑)

宝殿駅

石の宝殿 道標

お店を出発、すぐ傍の宝殿ほうでん駅まえを通過して、駅名の由来になったのであろう場所へ進む。

高砂運動公園

手前の高砂総合運動公園のあたりはのびのびした雰囲気。なぜだか加古川周辺の町並みには惹かれる。

石乃宝殿

石乃宝殿いしのほうでんが祀られる生石おうしこ神社へ。

生石神社 参道

登りが急なのと、16インチには響く石畳の参道なのできりきり押し歩き。

生石神社 参道

ものすごい急な階段。当然ここは迂回して駐車場方面へ向かう。
(続く)

コメントを残す