ある失敗

(885 days elapsed.)

正月ボケも醒めないうちに三連休、どこかへ出掛ける前に先日整備したヘッドセットの調整をちゃんとやっておこうとごそごそ。
組み直したヘッドセットの玉押し調整、結局走っている最中よりもフロント折り畳み時の感触の方で具合を測った方が正しい気がしたり。ちょっと硬い感触だったので緩めて締め直し、ステムのネジを本締めする為トルクレンチを設定。

20Nmに設定して調子よく締めていったのだが、一向にクリック感がない。で、何を考えていたのか、自分でも「普通気がつくだろう」と思うところまで締めたところで「しまった」。

ステムとフォーク

締めすぎたウスは前輪とブレーキを取り払い、ボルトを叩いて下から取り出したものの、ステムが広がってしまいフォークから抜けなくなってしまう。慌てて下からタガネでコンコン叩いて多少はずらしたものの、5mmほど抜けたところで遂に進退極まってしまった。

前ブレーキ

結構パニックになっていたのでマトモな写真がない(笑)

結局翌日ブロを車で運んでM&Mさんに泣きついて預けたところ、半日ほどでVT-9を浸透させてあっさり抜いていただけた。ブロを受け取り今度は慎重に締め直して試走、結果分解整備したブレーキが軽くなっただけで済んだ。

ブレーキインナーワイヤーキャップ

そんなこんなで何度目かになるブレーキインナーワイヤーのキャップの付け直し、これを綺麗にかしめる手法がちょっと気になったり。

コメントを残す