メモ・バックアップ

(2,240 days elapsed.)

ブロンプトンのボトムブラケットにリコールが発生したそうで、本社サイトからニュースレターが届く。
2014年以降のモデルが対象なので、2011年購入かつ該当部品を交換しちゃってる愛車には無縁の話題なのだが、対象モデルかどうかを調べる解説でちょっと気づいた点など。

Brompton シリアルナンバー

購入6年経過の愛車、シートチューブに様々なステッカーが貼られている。
下2つ、検問の際などに見られる防犯登録と万一の盗難時に僅かな希望を託す車体番号。
真ん中2つは2010年受賞の英国女王賞の記念と、SBAAマーク
これは万が一今回のようなリコール部品が原因で事故った場合などの補償制度があるみたい。
その上は英国/欧州統一規格番号。「City and trekking bicycles. Safety requirements and test methods」を示すものの様子。

で、今回肝心の一番上のシリアルナンバーが記載されたシール。ナンバーとバーコードが印字されていたハズなのだけど経年ですっかり消えてしまっている。最新モデルのブロンプトンはプレート刻印になっているので大丈夫そうだが、それ以前のモデルなら読めるうちに書き留めておいたほうが良いかも。シリアルナンバーと車体番号、防犯登録番号の3つをスマホにでも写しておけば安心。

あと本社サイトにも登録しておけば便利なこともある、かも。
今回久々に確認したら購入店を記録する欄が増えていて、自分の購入店がディーラーから外れていた事を知ったり…。

雨上がり武庫川CR

兵庫県立尼崎の森中央緑地

兵庫県立尼崎の森中央緑地

幸い快調な愛車で今日もお出かけ。
朝方まで降っていた雨で水たまりのあるCRは閑散としていて、北風に切り替わった道中はびっくりするような平均速度で走れたり。

コメントを残す