石井ダムから烏原貯水池へ2

(2,116 days elapsed.)

(その1から続く)

六甲縦走路

石井いしいダムを降りて進むと、無情にも舗装路はハイキング向けの砂利道へ。道標では烏原貯水池からすはらちょすいちへ続いている事は確認できたのが幸い。

六甲縦走路

しばらく地図を見ながら考え、水処理場まで300m位を乗り越えれば舗装路が続くと踏んで押し歩くことに。
安全柵や階段など、山道としてはかなり整備されている方なので、ジーパンにスニーカーなんて非常識な格好でもサドルを肩にかけるスタイルで進む事はできた。ただ、他のハイカーさんとの往来もあるので畳んでスリングや背負子装備でない限りは二度とやらない。

中央水環境センター付近

道が整っているせいか、ハイカーさんよりはトレイルランの人を多く見かけた。
ランのお姉さん、ブロを担いだ格好を見て「キャノンの練習ですか?」そ、その発想はなかった…!(笑)

鈴蘭台処理場付近

処理場へたどり着くと予想どおり舗装路になっていて胸をなでおろす。

鈴蘭台処理場付近

鈴蘭台処理場付近

鈴蘭台すずらんだい処理場の付近の斜面の苔具合がとてもいい。

烏原川沿い 2017

烏原川沿い

道の広さとともに心の余裕もできて、新緑と烏原川からすはらがわのせせらぎを眺めながら歩く。処理場付近に急な坂があるが、これを過ぎると自走は問題ない感じ。

烏原川沿い 2017

烏原川

木漏れ日にからっとした風でほんとうに心地よい。

烏原貯水池 放水路 2017

烏原貯水池 締切堰堤 2017

烏原村の遺構が見え始めると、見覚えのある古い神戸の水道施設。

烏原貯水池 2017

烏原貯水池

そんなこんなで、何とか烏原貯水池に到着。よかった。

烏原貯水池 2017

ちょこちょこゴミが浮いているのは残念だけど水は綺麗。

立ヶ畑堰堤 2017

立ヶ畑堰堤 2017

立ヶ畑堰堤 取水塔

立ヶ畑たちがはたダム。
銘板の和洋折衷(?)具合が現代よりハイカラな感じで、「お洒落」の本質を見失った感のある現代の神戸について考えさせられたり?

立ヶ畑堰堤 2017

立ヶ畑堰堤

立ヶ畑堰堤 2017

20世紀初頭のダム、先程の石井ダムと見較べる事ができてとても面白かったり。

烏原貯水池 2017

堪能。ペダルを踏むより押し歩く時間のほうが長かったけれど、たまにはこういうのも楽しい。

烏原貯水池付近から神戸市街の眺め

勾配が落ち着くまでは落ち葉の散乱するコンクリ舗装なので、ここもしばらく押し歩きで。
麓の神戸市街はランチタイム。海から山まで、半日で意外と濃い体験を楽しめた。

コメントを残す