チェーンテンショナー組み立て

(1,675 days elapsed.)

今年に入って初のまともな洗車など。汚れてコテコテなブロに憧れている(?)ので、最近は洗車のスパンを長くとっていたのだけど、やはり雨に降られると耐え難い汚れっぷりに(笑)

GreenOil クリーナー

結局あまり使わなかったGreenOilのディグリーザーを、使いきって空のクリーナー側に移して希釈、流用していたり。今回アトマイザーが壊れたらしく噴霧しなくなった。容器もだんだん歪むとか、日本製品ではあまり見かけない症状が出ていたが耐久力なかった。中身がいくらエコでも、これはちょっといただけない。

リアテンショナー組み立て

洗車については取り立てていつもと変わった事はせず。プーリーのベアリングが片方死亡していたのをチェックついで、チェーンテンショナーも久々に分解してみる。
再組み立て時の組み方向を失念していたので備忘。

リアテンショナー組み立て

テンショナー、大きく性能に影響が出ることはないが、樹脂パーツなので内側に結構砂が入り込む。たまに分解してフォームクリーナーをひと噴きなど。
バネの端を樹脂パーツの切り欠きに合わせて組み立て。

リアテンショナー組み立て

普通に組むとこうなる。が、このままだとアームが動かないので、支点をネジ止めする前に、アームを取り付け穴側に捻る。

リアテンショナー組み立て

これが正しい状態。で、支点をネジ止めしてプーリー等を組み付ける。

そんな感じで一日もたもたとブロンプトンを拭き拭き。気づけばお昼も大幅に過ぎ、休憩がてらふとスマホを見てみると留守番電話が…。
(続く)

コメントを残す