ヘルメット購入

(1,382 days elapsed.)

自転車用ヘルメットを購入。
今の日本で馴染みのない土地の車道を走る行為、高々積算10,000kmに満たない距離を走って来た小径車からみても危ないなと感じる事が多かったりして、そのうち手に入れておきたいと思っていたり。

で、気になっていた定番(?)のカスクから始まり、BernNutcaseabonetCarreraCloscaKoofu等々。情報を見つけては探しに行ったりしたのだけど、定番メーカーやモデル以外は大手スポーツショップや取扱い店でも見る事すらできず、当然試着も出来ないので煩わしくなってズルズルきていたりして。

Overade Plixi

で、OveradeBJKさんのBlogで知ったのだけど、以前から予告されていたプロダクトなのだそうで検索でも結構引っかかる。自転車とは裏腹にキワモノ的に考えていた折り畳みヘルメットなのだけれど、この小ささはすごい。何より店頭で実物が見れたのは大きい。

Overade Plixi

箱にこの状態で入っているのだけど、外箱の時点でヘルメットのサイズとしてはかなりおかしい(笑)
ふだん「ヘルメットのサイズ」が身近ではないので、小さくなるというよりも、展開するとこんなに大きいちゃんとしたヘルメットに、と感じたり。

Overade Plixi

ブロのサドルと。

Overade Plixi

動画の分かりやすさには敵わないけど、こんな仕組み。組み上げ最後のクリック音が気持ちいい。

Overade Plixi

Oのロゴが何となくブロンプトンのシンボルと似てる。

Overade Plixi

ベンチレーション。側頭部にも吸気があるので、前から入って上から抜ける感じ?

Overade Plixi

展開後のサイズ。外側ABS、内側発泡スチロールの一般的な構造。504g。

Overade Plixi ストラップ

Overade Plixi ストラップ

チンストラップ。ベロア風のカバーがついているけど、これからの季節必要なさそう。

Overade Plixi インナーパッド

メット自体のサイズ2タイプのうち大きい方を購入。内側にパッドが前後左右と頭頂の5枚が貼られており、頭頂以外は付属の予備パッド、厚、薄、中から選んで交換できる。

Overade Plixi インナーパッド

貼り換えはベルクロ様のシールで簡単に行える。パッドは洗えるのかな?

Overade Plixi 収納袋

ポーチ付。

Overade Plixi 収納袋

もちろんこのサイズは凄いのだけど、ブロ同様「常に」携行できるサイズでもない。他に走る用の自転車を持っている人や、ブロンプトンを街乗り用としている人には普通のヘルメットでいい感じ。
やはり、ブロでちょっと輪行して見知らぬ土地へ。というシチュエーションにはうってつけのヘルメットな気がする。

Overade Plixi と mini O-bag

さすがにブロに乗る時は常に…とはいかないが、長距離や遠出する際は被っていきたい。

コメントを残す