1.まず流水

洗車の手順

590 days elapsed.

昔のカー雑誌で提案されていた、なるべく洗い傷をつけない事を念頭に置いた理屈と手順。

汚れの様子
車体の断面と汚れた様子

汚れをいきなり拭き取ろうとすると、どうしても汚れを巻き込んで車体に傷をつけてしまう。

拭き取りと摩擦
洗い傷
1.まず流水
油分を含まない汚れはこれで落ちる。
2.シャンプー
油を浮かせる。古いワックスもここで浮かせる。
3.発泡
界面活性と発泡で、油汚れを浮かせる。
4.洗浄
浮いた汚れとシャンプー自体を流す。
5.拭き取り
水分と残った汚れを拭き取る。最低限の洗い傷。
6.ワックスで保護
塗装面を保護。

こういう手順。雑誌では確かワックスの塗りを円を描くか直線的に塗るかで傷の乱反射がどうこうと意見が割れていたような…。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です