キャリング・バッグ

(417 days elapsed.)

今のところ、ブロンプトンでの遠出はもっぱら電車による輪行で、この場合ブロンプトンを転がして移動する。その為、輪行カバーは予想以上に活躍してる自作のものを利用しているのだが、車の時はこっち。

Brompton Carrying Bag

購入時にオマケでついていたキャリング・バッグ。当時は何か汎用品かと思って深く考えなかったのだが、「畳んだブロンプトン・サイズ」のバッグが汎用品の筈がない!何気に立派な専用バッグだったりして、大変素晴らしいオマケだったり。

ブロンプトン・キャリングバッグ

物を詰めすぎたセカンドバッグのようだが、ファスナーを開けるとフォールディング構造。

ブロンプトン・キャリングバッグ

すっぽり。BROOKS B68とサドルバッグ込でも余裕の収納力。

ブロンプトン・キャリングバッグ

バッグのサイドポケットに収納されたショルダーストラップを付けて肩掛けも可能。見た目より全然丈夫で、内側は防水加工なので、少々荒れた道を走った後でもそのまま収納できるのは便利。

ブロンプトン・キャリングバッグ

専用トランクケースは流石に手が出ないが、車のトランクにブロンプトンを詰めて小旅行の時などはとても便利。
一年ぶりに引っ張り出したので、ブログのネタに。

コメントを残す