奈良自転車道ポタリング3

(145 days elapsed.)

奈良自転車道

郡山城跡を抜けて法隆寺へ向かう富雄川沿いの自転車道へ向かう。道中この写真を撮っている最中にちょっとメールのやり取りがあり、再び走りだした時に何故かこの右折の看板を忘れて直進してしまう。
自転車道に復帰するまで県道9号をひた走るが、交通量が多いのでブロンプトンではお勧めしない。

奈良自転車道

どうにかこうにか法隆寺。南大門そばの駐輪場「らしき」場所に駐輪。二輪は全部そこに止まっていたのだが…。場所は玉砂利なので「おすわり」させるとリアランプが傷だらけになるので注意。ここも鍵を巻ける場所はない。

法隆寺

法隆寺

法隆寺

場所ごとあまり長居した気もなかったのだが、日も短く暮れて冷えてきたので早々に帰路につくことに。JR法隆寺駅から大和路快速で大阪へ。
全行程28km、年末いろいろいじったり本人が慣れてきたのもあって、以前と較べると物足りない程楽だった。次回は奈良県の提供する橿原神宮までのルートや、京都方面からのルートなどにも挑戦してみたい。冬場は日が短いので、移動と観光の配分がミソだなあ。

法隆寺

大阪駅周辺でロッカーにブロンプトンを放り込んで会食の予定だったのだが、さすがに三が日初売りの梅田近辺はそう甘くはなく、JR、地下鉄、阪神、阪急とロッカーは全滅。最後に空いていた400円ロッカーではサイズが足りなかった。

Bromptonを畳んで曳く時の問題点

梅田で駐輪場というのも思いつかなかったので結局あきらめて帰ってしまったのだが、ブロンプトンはキャリア無しでフレーム付バッグを曳き回す場合、身長が170cm程度だと図のように二の腕でバッグとブロンプトンの一部重量を「持ち上げ」ながら移動する事になるのでかなりキツい。私の場合高さの低いSバッグフレームだが、Cバッグなどのフルフレームだと更に厳しい筈。(たとえイギリス人並の身長があっても、今度は握力にかかってくるのだが)
点字ブロックなどで左右の振れも加わると本当に憂鬱になるので、またキャリア装着に一歩近づいた2012年始だった。

コメントを残す